キーパーソン・メッセージ

2021.06.01

DX推進について

大日本印刷  吉岡 健治

 2018年10月、初めてJEPAニュース「キーパーソン・メッセージ」を書いてから2回目の順番が回ってきました。前回は、「デジタル化を振り返り」の題目で、2010年、3度目の電子書籍元年から……2015年からは、一段とデジタル化が加速、DX(デジタルトランスフォーメーション)も始まっている。ただし、2010年から始まったデジタル化は、『形が見えない』デジタル化であり、あまり実感が得られないが、IOT、インダストリー4.0など、電子出版としてどんな将来展開が待ち受けているのか?『形がない』デジタル化へ突入していくのかな?と思(重)いつつ、不安でもあり、楽しみでもあると締めくくっていました。今回は、その続きを思いつくままに書いて見ます。

 現在、正直言うと、『形が見えない』、『形がない』は当たり前と感じてしまっています。なんと言ってもコロナ禍の影響が大きく、意識が変化した気がします。また、DXは流行語、ダイバーシティ&インクルージョン、働き方変革も定着しつつあるように感じます。

2021.05.01

クラウドと出版社

大修館書店  番沢 仁識

 令和の学校教育──GIGAスクール構想は「Society5.0時代を生きる子供たちに相応しい、誰一人取り残すことのない公正に個別最適化され、創造性を育む学びを実現するため、『1人1台端末』と学校における高速通信ネットワークを整備する」趣旨の国家教育政策。これにより小中学生は一人一台の学習用端末を持つようになりました。後押しされて高校の端末整備も着々と準備が進んでいます。ネットワーク整備はパブリックククラウドの利用を前提としたものです。

 その結果、教科書出版社はパブリッククラウド上のサービスとしてデジタル教科書を準備する必要に迫られ、各社ともにこの3月まで対応に追われました。もちろんこれまでもホームページを作って、レンタルサーバーで運用してきた出版社は数多く存在します。しかしながらデジタルの商品をクラウドで運用となると、今後はクラウドコンピューティングサービスにおけるシステム構成やその費用などを考えていく必要があります。

  • 電子出版アワード
  • 図書館館外貸出可否識別マーク